浦和 レッズ シーズン チケット ユニフォーム

来夏に向けて、世界中の注目が東京に集まる中、ナイキが、サンフレッチェ広島、鹿島アントラーズ、浦和レッズの3クラブ史上初の統一テーマの新アウェイユニフォームを発表しました。 それまでの21シーズン、レッズのユニフォームの胸に収まるロゴは社名であれ商品名であれ、全国展開している企業のもので、埼玉県内に本社があり、埼玉・千葉・東京の一部などを商圏とする首都圏の企業名がレッズの“顔”になるのは「POLUS」が初めてだった。

フロンターレU18 - 浦和レッズユース / プリンスリーグ関東第3 ... レッズのアウェイゲームがその地方で行われる際に、社員の福利厚生の一環として「レッズ戦の観戦」を実施し本社の社員も何人か参加している。次回以降のユニフォームで考えていかなければなりません」と話している。 「レッド-ホワイト-ブラック」の伝統的なカラーコンビネーションを継承している。最終的には来季の残留を決めたものの、不本意な形でシーズンを締めくくっている。日本代表のサイドバックとして活躍している酒井宏樹が浦和レッズ加入決定的という驚きのニュースが飛び込んできた。

サンフレッチェ広島も同日リリースを出した。 2020年シーズンに向け、選手たちはホワイトとレッドのアウェイユニフォームで、日本の誇りを胸に新シーズンを戦います。 それもGK西川周作、MF柏木陽介、DF森脇良太、DF槙野智章(海外移籍を挟む)、FW李忠成(同)など日本代表クラスの選手が多かったため、両クラブに限らず、広くJリーグファンの間で議論が交わされた。  何より、テクニカルな選手のプレーがより鮮やかに、かつ一番引き立たつように施しました。

 「ユニフォームの各パーツをSTVVを代表する複数のキーカラーで配色し、BEAMSの十八番というべき手法の“クレイジーパターン»を採用したデザインです。  ドイツがレーヴ監督最後の大舞台・EURO2020のメンバー発表, ベンゼマ、フランス代表に電撃復帰! ミュラー&フンメルスが復帰!  ナイキは23日、浦和レッズ、鹿島アントラーズ、サンフレッチェ広島の新アウェーユニフォームを発表した。 J-CASTニュースの取材にサンフレッチェ広島は、「セカンド(アウェー)のユニフォームカラーは今までも、それほど『紫』にこだわってこなかった」とし、これほどの反発は「想定外の反応」だったと話す。

Deja un comentario

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *