浦和 レッズ 新 ユニフォーム 2019

フォトアルバム|浦和東高校サッカー部OB会 - フットボールNAVI

白11はシュート、ドリブル、白9へのパスの選択肢を持ち、赤31、5はドリブルやシュートも警戒しながら中間位置を取り、赤2の戻りを待ちます。収縮と展開を組み合わせることで要所にルックアップしたフリーマンが出来る共通のイメージを持っており、それ故に陣形や組み合わせ、細部のプレー選択が変わっても噛み合わせが良いのだと思います(昨年まではこのフリーマンはサイドに作ることが多かったですが、レッズ戦では相手のバイタルエリアやピッチ中央にてフリーマンを作ることが出来ていました)。日本 代表 サッカー ユニフォーム

パ ン ツ の 穴 - Twitter 検 索  システムが変わりメンバーが代わっても、レッズ戦では良い意味でコンサドーレのサッカーの原則は変わっていませんでした。相手に帰陣と立て直しの時間を与えず、作り出したスペースをうまく活用しながら獲得したゴールとなりました。攻撃側からすると、そうしたズレを意図的に生じさせるようなボールと人の動かし方を、相手が考える時間を与えずに展開することが出来れば決定的なチャンスになり得ます。攻撃的スタイルを前提に置き、サイドは高い位置を取ることで相手を押し込む。

このように、エヴェルトンに与えられたであろうミッションは変更を余儀なくされ、浦和の守備プランは後手後手に回ることになりました。  この試合、ヒールパスの頻度が高かったのですが、360°スピーディに縦横ボールが動かされると、ディフェンスは後手に回り守備セオリーからのズレが生じます。 ゴールを目指す前段階として前線で前向きの選手(フリーマン)を作り複数名が関わっていく。

タイでのゲームでもかなり試していた、パサー+前線2枚でスルー&フリックする形でした。 かけがえのない時間を過ごすことができました。同素材をショーツにも採用し、アスリートのパフォーマンスを最大限にサポートしています。今年、僕は30歳になりますけど、中村憲剛選手とかが32、33、34くらいでグッと伸びているのを見ると、大台を迎えてもまだまだ全然成長できる。 レッズの守備においてシステム的根幹を担う選手であり、ボール奪取能力が高く、奪取後の展開も期待できます。

レッズ ユニフォームについての他のすべては、当社のウェブサイト上で見つけることができます。

Deja un comentario

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *